カレンダーはこだわって選ぶ

毎年カレンダーをいろいろなところからもらったり、買ったりしますが実際にはなかなか気に入った物がありません。部屋に飾るインテリアとして考えているところもあってかなりデザイン性を重視して選ぶようにしています。そういうことからカレンダーを買っているとというと会社でもたくさんもらうのでわざわざ購入することに驚かれたことがありますが、そう言う人はあまりこだわりがないのかもしれません。

 

私はこだわっているといってもデザインそのものは機能的でわかりやすくなおかつシンプルでスタイリッシュなものというこだわりなので数字だけのデザインのものでもいいと思っています。しかしそれがなかなかなくていつも余計な絵やイラスト、写真、わかりにくい数字もしくはわかりやすさだけの無粋な書体の数字などなかなかメガネにかなうものがありません。

 

実際にはいつも洒落た美容室が年末にくれるカレンダーが気に入っています。数字だけのカレンダーで余計なものはありません。ただすっきりしすぎてちょっとわかりにくいというところがあるのでもうちょっとという感じがしています。また会社や商店、企業からもらうカレンダーはいつもでかでかと宣伝が入っているのでスマートに小さく入れたほうが気に入られると思っているのは私だけではないと思います。